離婚により子供に対する養育費が必要になったらすぐにでも行動する必要があります。ビジネス03

子供を引き取った側は育てていくためにお金が必要になります。確実に受け取るためには

離婚の協議の際に毎月何日に支払うかという期日、いくら支払うのかという金額、

子供が何歳までに支払うかの期間、そして支払方法などを具体的に決めておくことです。                                          
子供が進学して高校や大学に入学する時に必要になる進学費用は大きな経済的負担と

なります。たとえその頃になった時に、親権者である親が再婚しても実子に対する費用は

実親に対して請求できる権利を持っています。離婚後の両親の間で協議をしないで何も

決まらずに離婚したという親権者も多いのが現状です。

離婚の際に決定しなかったとしても財産分与や慰謝料のように時効がないので、

相手の合意があれば公正証書を作成して請求が可能です。

また将来お互いが別々の暮らしをしていくと支払いが滞りがちになってしまいます。

こうなってしまっても確実に受け取りを行うためには強制執行認諾文言付公正証書の作成

を行うと、相手の支払いが滞った時に強制的な支払の請求が出来る手続きが行えます。

このような公正証書を作成しておけば支払う側も滞納をしなくなります。